ファイナンス倒産は終わる意見、する説、いろいろある。

国内が20階級後に財政破綻するという定理と、増税するから破たんは打ち切るという定理。
破綻するなら初期のうちに、早めにやっておくべきだと自身なんかは想う。
財政破たんしたら、年金に頼って暮らしている個々と、暮し保護者が一旦死ぬ。
日本にホームレスがあふれる。
財政破綻してもいいんじゃないかな。年金と暮し保持のチェンジにのぼるなら。
そしていちからガラガラポンして、やりなおせばいい。
景気テクノロジーは落ちて掛かるだろうけれど、まだまだ人口もおるだろうし、
国内を出て行きたい若い人は、勝手に出て行けばすばらしい。
国内はエリアに年配が住んで、凄い勢いで金欠各国に至る。
例年、増税につぐ増税。各種ところからタックスが無くなる。
そして、収入租税も年金掛け金も厚生年金も頑強保険も、むちゃくちゃ挙がる。
どうしても、40パーセント近くの財を取られているのだけど、ビジネスマンは黙って従うしかない。
節税もできない。
これが、60パーセントぐらいまであがって、使用租税は18パーセントぐらいまで行くハズ。プロミス無人機