二酸化炭素の増殖と地球温暖化などについて

背景について教育しました。二酸化炭素の他、メタンやフロンも凄い温室効能を有する瓦斯だ。これらの瓦斯(温室効能気体)によって地球の温度がいずれどのように変化するかについて、現時点さまざまな洞察が行われ、また二酸化炭素の放射の厳禁、フロンの製作中断なども進められています。フロンは成層圏に入るとお天道様のUVによって分離されます。こういう際生じた塩素がオゾンとチェーン的反応をひきおこし、オゾン範疇を破壊すると考えられています。オゾン範疇の破滅は地表に到達するUVを増大させてアニマルや状況つながりに悪影響を及ぼすだけでなく、オゾン分布のリザーブによって成層圏から地表までの頃の温度やエアーのサイクルに成果を加え、空模様変更をひき引き起こす傾向をもっています。雨水は二酸化炭素が溶け込んでいるため、弱酸性(pH5.6)だ。pHは溶液の酸性・塩基性の度合を描き出す数値で中性では7、塩基性では7より大、酸性では7より小だ。成果がしょうもないほど酸性が強いだ。至って勉強になりました。アコム インターネット