二酸化炭素の増殖と地球温暖化などについて

背景について教育しました。二酸化炭素の他、メタンやフロンも凄い温室効能を有する瓦斯だ。これらの瓦斯(温室効能気体)によって地球の温度がいずれどのように変化するかについて、現時点さまざまな洞察が行われ、また二酸化炭素の放射の厳禁、フロンの製作中断なども進められています。フロンは成層圏に入るとお天道様のUVによって分離されます。こういう際生じた塩素がオゾンとチェーン的反応をひきおこし、オゾン範疇を破壊すると考えられています。オゾン範疇の破滅は地表に到達するUVを増大させてアニマルや状況つながりに悪影響を及ぼすだけでなく、オゾン分布のリザーブによって成層圏から地表までの頃の温度やエアーのサイクルに成果を加え、空模様変更をひき引き起こす傾向をもっています。雨水は二酸化炭素が溶け込んでいるため、弱酸性(pH5.6)だ。pHは溶液の酸性・塩基性の度合を描き出す数値で中性では7、塩基性では7より大、酸性では7より小だ。成果がしょうもないほど酸性が強いだ。至って勉強になりました。アコム インターネット

園や学校のママさんたちとの適度な距離について感じたこと

ママ会に行って最近気づいたこと。

結構、ママさんたちは、周りのママさんたちがこう思っていたから私もそうした…という行動パターンが多い、ということ。
例えば、園や学校に対してこう思っていたら周りもそうだったから、私も文句を言った…といったこと。
一個人じゃないわけです。集団でないとダメなのです。
同じ考えの人がいないと、やってられないのです。

でも、それはあくまで一部分なわけであって、すべては共有できない。
それで私は以前、あるママさんからそれを要求されて非常に辛い思いをした苦い経験をすることになりました。
子どものためにも関係を悪化さたくない…その思いで一緒にいましたが心が病んでしまい、結局、家族に迷惑をかけることになってしまいました。
そして、周囲の人間関係も悪化…信じられなくなってしまいました。

今思えば、そのママさんもこういった世の中を生きるために必死だったんでしょうね。
藁をもすがるような気持ちですがってこられたのかもしれません。
何となくその気持ちは察していました。だから自分は一緒にいたのかもしれないなぁと。

同じ家族、親族でもないので、共有なんて難しい(家族親族でも難しいことはあるのに)。
適切な距離をもって、良い関係でいることを心がけるのが今はベストな関係なのかもしれない。

正直、ちょっと寂しい感じもするのですが。ミュゼ ひげ 脱毛